コラム

コラム

不安ですか?面接なしバイトの実態

 

 
「手っ取り早く稼ぎたい!」と思っている方には面接なしで始められるバイトは大変ありがたいですが、実際面接なしで信用出来る会社なのか?など不安に思う事があると思います。
そんな方へ面接なしバイトの安全性、面接なしバイトのメリットとデメリット、実際に働く際の注意点も併せてご紹介します。
 
 

【面接なしバイトの安全性】

 
まずは、面接なしバイトの安全性についてご紹介します。
面接なしバイトは、特別なスキルを必要としない仕事ゆえに面接なしで始められる場合が多いことが特徴です。
面接がないと安全に働けるのか?と不安に思う方もいらっしゃるかと思いますが、その場合は信用できる求人サイトを利用することをおすすめします。
そのような求人サイトに募集を出している会社は、募集を出すまでに審査などを経ている場合が多くので、ある程度安心することができるでしょう。
 
 

【面接なしバイトのメリットとデメリット】

 
次に、面接なしバイトのメリットとデメリットをご紹介します。
 

・メリット

面接が無いのでバイトがしたい!と思った時に働ける
面接に落ちて働けないというのが無い
誰でも募集しているところが多い
面接が苦手でも無いので働ける
 

・デメリット

当日までどんな人とどんな場所でバイトするのかわからないことがある
交通費が出ないことがある
送迎が無く現地まで自腹で行かないといけない場合がある
お給料を会社まで取りに行かないといけない事がある
 
 

【面接なしバイトはどんな仕事があるの?】

 

 
次に、面接なしバイトではどんな職種の募集があるのかをご紹介します。
よく面接なしでバイトの募集をしているのは「ティッシュ配り」や「イベントスタッフ」などが多く、ティッシュ配りやチラシ配り、看板持ちなどはスキルがいらないので誰もが比較的手軽に始めることができます。
但し、チラシ配りやティッシュ配りには風俗店のチラシの場合もある為、気になる方は最初にどんなチラシを配るのか確認しておいた方が良いでしょう。
 
イベントスタッフは、グッズの販売や人員整理、ライブ機材の搬入・設営などがある為、体力が必要になる事が多いです。
どのバイトも当日に現地に集合して仕事をするという流れになるでしょう。
 
 

【実際に働く際の注意点】

 
実際に働く際の注意点として、面接がない為メールのみのやり取りで終わってしまい、当日近くまで電話での確認が無い事があります。
気になる事がある場合は、仕事を受ける前に確認する事が大事です。
面接がないことから、バイトをする当日に現地や最寄りの駅集合になる事が多いので、募集していた会社の方に会うのは当日という事がほとんどになります。
集合場所がわからないなどの際に、必ず連絡が取れるようにしておきましょう。
 
 

【まとめ】

 

 
面接がないので比較的簡単に、また、スキルなども必要ないので始めやすい面接なしバイト。
面接が苦手な方や面接に行く時間がないけれど、手っ取り早く稼ぎたい時などには便利です。
しかし、当日までどこで働くのかわからないなどのデメリットもある為、気になる事があれば確認する事が大切です。

一覧に戻る